「焦らなくて大丈夫、将来のために今始めましょう。」

なんだ?いきなり(笑)って感じですよね(*‘∀‘)

 

この間の月曜日、知り合いのドッグサロンに

デンタルケアセミナーをしに行ってきました♪

トリマーさん、トレーナーさん6人に向けて(^^)

Lilyで飼い主さん向けにやる内容

+ 専門知識満載で(`・ω・´)

 

FullSizeRender (4)

 

悩みとして、

なかなかケアを続けてもらうように

アドバイスするのが難しい(*_*; や、

歯みがきの仕方が合ってるのか自信ない(;_;)

などがあったんですね。

 

FullSizeRender (15)

 

看板犬のたまちゃん、すごくお利口さんでした♡

 

FullSizeRender (14)

 

歯ブラシを使った磨き方(*^-^*)

 

セミナー後に個人個人で考えてほしいことを

レポートで宿題を出したんです。

その中の一つ、

『歯石がびっちりで口臭もひどい、

犬は嫌がって歯みがきもできない子がいて、

飼い主さんにデンタルケアをしてもらいたい時

何て声をかけるか?』というお題を。

(こちら目線で話しますが、気を悪くしないで下さいね)

 

歯石がびっちり→だいたいが結構な年齢

       +

犬が歯みがきを嫌がる

 

この組み合わせだと、飼い主さんも諦めてる方が

多くて、その方にデンタルケアをやってもらおうと

もっていくのは結構大変です・・(経験上)

スタッフ6人もそう考えていました。

けど、セミナー後にスタッフが

「歯みがきしない人を、歯みがきする人に変えるのは

限りなく不可能と思っていたけど

少し可能性が上がった」

と言ってくれたんです( ;∀;)

 

「最初は口に触る練習、歯みがきするまでにはかなり時間が

かかりますが、焦らなくて大丈夫です。

将来のために今、始めましょう。」

 

と飼い主さんに言いたい!と言ってくれました。

なんか、涙が出そうになりました(;_;)

 

他にもこんな感想が・・

*麻酔に対して考えが変わった

 (麻酔・無麻酔の話)

*今までうちの子に歯みがきしてなかったけど、

 大事な子と長く一緒にいるためには

 毎日の数分のケアなんて一瞬やし、やろうと思う

*歯石びっちりの子は、トリマーの出る幕じゃない

 と思ってたけど、もう一声かけてあげれると

 考えさせられた

*このまま歯石とかを放置していたら、私たち

 飼い主の手で愛犬の寿命を縮めてることにも

 なるよと一番伝えたい

 

犬のプロ含め、飼い主さん全員に

デンタルケアの大切さを知ってほしいと

思っていますm(__)m

「歯みがきめんどくさいし、聞いてもどうせ

続かんもん・・・」

と思う方も多いと思いますが、

きっとこのやり方ならワンコも喜ぶので

続けたくなりますよ♪

むしろ、かわいい我が子と長く一緒にいたいから

やらなきゃ!って考えが変わると思います♡

 

4月は10日(月)の16:00~です(^O^)/

後1名いけます♪

5月以降もするので、要チェックです(^O^)/